脂質たっぷりの外食習慣がもたらす弊害

会社帰りに松屋や吉野家の牛丼をお腹いっぱいかっくらって帰路につく一人暮らしの男性って多いんじゃないでしょうか?


はっきりいって若い時はいいですが、将来的には生活習慣病のリスクがぐっと高まります。
一人暮らしの人をターゲットにした外食店はどうしてもメニューが若者向けになりがち。

高校生や大学生くらいまでは代謝も活発なので、毎日食べても太らないかもしれませんが25歳を超えてくるとそうもいきません。
だんだんと代謝も減ってきますので今までと同じ感じの食生活を送っていたら間違いなく肥満になってしまいます。
毎年の会社の健康診断で嘆いている人も多いことでしょう。

私も若い時は大学近くの吉野家や松屋で毎日のように食事をしていましたよ。


多い時は1日2回いくときだってありました。
昼は牛丼大盛りで夜は焼肉定食大盛りなんて食生活。

でも不思議とその時は太らなかったんですよねー。
若さっていうのがどんだけ偉大かを思い知らされます・・・・w
しかしそんなことばかり言っていてもしょうがないので、目の前の年齢相応の食生活に徐々に改善していくしかありません。

食の内容は身体をつくります。
食事によって将来的にかかる病気も増えたり減ったりしていきますから。
カロリーばかり高くて栄養バランスが偏った食生活は肥満だけでなく薄毛も招いてしまいます。(参考URL)

子供の頃に「あんな大人になりたくないなー」と思っていた大人像にならないためには食生活の改善は必須。
別に慣れてしまえばどうってことないですから。
腹七分目で済ませるのは最初はストレスたまるかもしれませんが1ヶ月2ヶ月と続けていけば対して気にならなくなります。

体重が減って行ったり顔色がよくなっていくのをみるとヤル気はどんどん向上していきます。
結果が出始めたらもう勝ったも当然ですよん!

自分が根性なしって自覚している人は同じ目標と友人と立てて、切磋琢磨すると効果的かと思います。
一番結果が出やすいようなスタイルを各自見つけてくださいね。


ページのトップへ戻る